簡単なお料理にも使いやすいウォーターサーバー

冷水と温水を給水出来ると言った特徴を活かし調理時間を短縮


夏になると食欲が落ちるからと冷たいものばかりを飲んだりしていると身体が余計に疲れやすくなり、夏バテの原因にもなりかねませんね。夏の定番メニューと言うと素麺などがありますが、素麺だけでは栄養にならないので一工夫するのがお勧めです。
例えば、素麺と冷しゃぶ等の組み合わせは如何でしょうか。
ウォーターサーバーには冷水とお湯の何れかを給水出来ると言う特徴がありますが、冷水を使う事で美味しい料理を短時間で作る事も出来ます。
冷しゃぶと言う料理は豚肉を茹でた後に冷水にさらし、冷やした料理です。
豚肉を茹でる時にはウォーターサーバーのお湯を使えば短時間でお湯が沸騰しますし、給水された水は天然水やRO水なので豚肉を美味しく茹でてくれます。
冷やす時にはウォーターサーバーの冷水を使ってあげればカルキ臭い水で冷やすよりも美味しい料理を作る事が出来ると言うわけです。

お湯を使えば時間短縮に


味噌汁を作る時には出汁を取ってと言った具合に本格的な作り方をする人も多いものです。
水道の水はカルキ臭さがあるので折角の鰹節の出汁がまずくなってしまう、ミネラルウォーターを使っていると言う人も多いと言えましょう。
また、水道水は塩素で消毒が行われていますが、塩素で消毒する時にトリハロメタンと呼ばれている有害物質が発生する、そしてトリハロメタンはお湯が沸騰する事で3倍の量になるため、15分間ほど沸騰しづけていると言う人も少なくありません。
ウォーターサーバーの水は安全性が高い事、美味しい水である事、そしてお湯と冷たい水を好きな時に何時でも給水が出来るため、ウォーターサーバーのお湯を使って沸騰させた後に鰹節で出汁を取れば、美味しい味噌汁を作る事が出来る、そしてガス代を節約する事も出来ます。

宅配水のサービスを初めて利用するにあたり、ウォーターサーバーなどの専門的な設備の特徴を理解することが大切です。